Browse Category: Uncategorized

クラウド会計を利用するときの注意点を徹底解説!

会計処理を「クラウド会計」で行う人が増えています。しかし、クラウド会計は便利な反面、注意すべき点もいくつかあります。会計に関して疎い人は、簡単に会計処理ができるからとクラウド会計を利用するのですが、注意点もしっかりと把握しておきましょう。

大見出し1、クラウド会計を利用する前にチェックする注意点

クラウド会計を利用する前に、まずは注意点がいくつかありますのでチェックをしてみましょう。

小見出し1、パソコン性能やバックアップのチェック

まずはクラウド会計を利用するためのパソコン性能をチェックします。もし会計ソフトの性能が、お手持ちのパソコンで抱えきれないほどになると、利用すらできなくなります。また、会計データをしっかりと自身のパソコンにバックアップをしなければなりません。ですから、ちゃんとバックアップできるようにUSBやHDDなどを準備しておくといいでしょう。

小見出し2、クラウド会計と金融機関・クレジットカードの提携

クラウド会計を利用するときは、自身の会社で利用するメインの金融機関とクラウド会計が提携をしていなければなりません。また同じように、クレジットカードもクラウド会計と提携しているものかどうかをチェックしなければなりません。

小見出し3、無料期間で試してみる

クラウド会計では無料期間を設けているものがありますので、まずは無料で試してみるといいでしょう。最初から契約をしてしまうと、もしかしたら後々になりトラブルが発生する可能性もあります。ですから、まずは無料でしっかりと使えるかどうかを確認することをおススメします。

大見出し2、クラウド会計はうまく利用すれば有効

注意点についてご説明をしましたが、クラウド会計はうまく利用すればとても有効に活用ができます。

小見出し1、クラウド会計のメリット

クラウド会計を利用すると、手作業するよりも50倍という速さで会計処理をすることができます。また、会計に関する知識があまり豊富ではない人でも、簡単に入力だけで会計帳簿をつけることができます。

インターネット環境があれば、どこにいてもクラウド会計を利用できますし、入力をして数字を見ているだけでも、少しずつ会計帳簿や税に関する知識が身についていきます。

まとめ

クラウド会計に不安を持つ人もいれば、簡単だから導入したいと思う人もいるでしょう。考え方は人それぞれではありますが、クラウド会計を利用するのであれば、まずは注意点とメリットを考えながら選んでいきましょう。

会計処理をする際の基本的な注意事項を徹底解説!

会計処理をする際に、気を付けなければならないことがあります。正しい会計処理ができていれば、何も問題はないのですが、間違った会計処理をすると大変なことになってしまうのです。そこで今回は、会計処理の基本的な注意事項について徹底解説していきます。

大見出し1、不適切会計処理になっていないか?

会計処理には、「不適切会計処理」という言葉があります。もし不適切会計処理をしてしまうと、会社が大変なことになってしまいます。では、具体的な意味や対処法をご説明しましょう。

小見出し1、不適切会計処理とは?

意図的であっても、そうではなくても「財務諸表」に虚偽の申告をした場合のことを「不適切会計処理」といいます。ただのミスであっても、虚偽であれば不適切会計処理に当てはまってしまいます。また、もし意図的に虚偽の申告をしたのであれば、「不正会計」となります。

小見出し2、不適切会計処理が起こらないようにする方法

不適切会計処理は色々な原因があって引き起こされています。意図的に行う場合を除くと、ただのケアレスミスという部分が大半を占めます。

会計処理に関する知識が足りていない場合などは、ミスが起きやすくなっているので、不適切会計処理をしてしまう可能性があります。ですから、会計処理の知識がない人が会計をするのは危険だということを覚えておきましょう。

会社内の人材で対応ができないのであれば、税理士など会計を専門としている人に依頼をすればいいでしょう。

大見出し2、日々の会計処理で注意すべきポイント

それでは、日々の会計処理の中で注意すべきポイントをご説明しますので、実践できるように意識してみましょう。

小見出し1、請求書などをしっかり整理する

請求書や領収書などが散らかっていると、それだけで正しくデータを入力することができなくなります。会社を立ち上げたばかりであれば、1か月に1回程度で構わないので、書類を整理しておくことを意識しましょう。

小見出し2、会計ソフトを使うなら無駄な設定はしない

もし会計ソフトを使って会計処理をするのであれば、無駄な設定をしないでシンプルに使うことをおススメします。複雑な部門などの設定は、あまり入れないようにすると余計な時間を省くことができます。

まとめ

会計処理は知識がない人に任せると、不適切会計処理になってしまう可能性もあります。また、知識がある人であっても、効率的に会計処理ができるように注意すべきポイントがありますので、参考にしながら会計処理を進めてみましょう!

会計帳簿は税理士に任せる?自分でやる?どっちがいいのか解説

会社を立ち上げたときに、会計帳簿をつける必要性があることは把握していても、実際に自分で帳簿をつけるべきなのか、それとも税理士など専門的な知識を持つ人に任せるべきなのか、その2択で悩んでしまう人は多いでしょう。そこで今回は、会計帳簿を自分でやる場合と税理士に任せる場合についてご説明します。

大見出し1、自分で会計帳簿をつける場合 

会社を立ち上げて間もない人、フリーランスの人などは、会計帳簿を自分でつける場合が多いです。では、実際に自分で会計帳簿をつけると、どうなるのでしょうか。

小見出し1、経営の力があっても帳簿の知識がない

会社を立ち上げて間もない人などは、経営する力や経営の知識などを身に着けているのですが、肝心の帳簿に関する知識というものが、伴っていないケースがあります。会計、税金、簿記などに対してしっかりとした知識がないまま、経営をスタートさせてしまい、自分で帳簿をつけ始めるようになると、どうなるか?

想像すれば分かりますが、帳簿は正確に記入されることはなく、ミスや分からないことが出てくるようになります。こうなると、会社の取引やお金に関して正しく把握することができなくなります。そうなれば、会社の経営にも支障が出てくるようになります。

ただ、中には帳簿に関する知識が豊富で、自分で会計帳簿をつけることができるという人もいます。専門的な知識を持っているのであれば、もちろん自分でやるのは問題ありません。

大見出し2、税理士に会計帳簿を任せる場合

それでは、税理士に会計帳簿を任せると、どうなるのかをご説明します。

小見出し1、会計帳簿のプロだからミスがない

税理士というのは、会計帳簿を作成するプロになりますので、自分でやるよりも遥かに完璧な帳簿を作成してもらうことができます。

小見出し2、節税にもなる

顧問税理士に会計帳簿を任せれば、会社の取引や状況を税理士が把握することができますので、節税や経営に関する有益な情報などを教えてくれます。どうしたら、経営がうまく進むかなど、帳簿をつけているからこそ分かるアドバイスをくれます。

まとめ

会社では、会計帳簿をつけるのが義務となっています。ただ専門的な知識がないのであれば、自分で帳簿を付けるのはとても大変なことです。もし不安があれば、税理士など専門家に任せてしまうのが有効です。ただ、自分に専門的な知識があり、帳簿をつける自信がある場合には、自分でやってもいいでしょう。

会社で行う会計処理「帳簿の基本」を徹底解説!

会社を立ち上げたときに、会計処理についてもしっかりと知識がなければいけません。会計処理の中には「帳簿」というものがあり、実は株式会社では「会計帳簿」を作成・保存することが法律で定められています。それでは、帳簿の基本的な情報について分かりやすくご説明します。

大見出し1、帳簿とはどんな書類のこと?

帳簿という言葉はよく聞くと思いますが、実際に帳簿にはどんな書類が含まれているのか、詳しくご説明します。ちなみに、会計帳簿は義務になっていますので、もし作成をしなければ100万円以下の罰金になる可能性もありますので注意しましょう。

小見出し1、会計帳簿

会計帳簿というのは、会社であった取引に関する記帳をするものです。会社の資産、負債など経営状況をしっかりと知るためのものです。また、決算期がくると「賃借対照表」や「損益計算書」を作成するのですが、このときに会計帳簿が役立ちます。

小見出し2、主帳簿と補助簿

主帳簿というのは、会社であった取引に関して記帳しておくものです。「複式簿記」では絶対に作成する帳簿となりますので、主帳簿に関してはしっかりと覚えておくようにしましょう。

補助簿は会計帳簿の1種なのですが、法律で義務化されているわけではないので、作成しなくても問題はありません。ただ、会社の経営に関して正しく知るには、補助簿が必要不可欠となります。

大見出し2、帳簿の種類を細かく解説

それでは、会社の会計処理で必要な主帳簿と補助簿の中から、重要な帳簿について解説します。 

小見出し1、主帳簿の「仕訳帳」

仕訳帳は毎日の取引を、発生した順番に記録するものです。お金がどんな風に流用されているのかを、知ることができる帳簿で、「貸方」「借方」という部類に分けて金額を記録します。

小見出し2、補助簿の「仕入」「売上」帳簿

「仕入帳」では、商品の仕入れで起きた取引について、起きた順番に記録をします。細かく種類や数、金額などを管理することができます。「売上帳」はどのような商品、数、金額で販売したのかを記録します。この2つは仕入元帳の基となります。

まとめ

会計処理に関する帳簿というのは、少々面倒だと思うこともあります。ただ、会社を立ち上げたときには、必ず帳簿を付けるようにしましょう。特に会計帳簿は会社法で義務化されていますので、もし作成をしなければ、罰金や信頼のガタ落ちなど、大きな損失が出るので注意しましょう。

決算の処理はどうやって行うもの?やるべきことを徹底解説!

会社では「決算」というものがやってきます。この決算は1年に1回くるもので、ただひたすらに大変な時期というイメージを持っている人もたくさんいるでしょう。確かに忙しいとは思いますが、決算だからこそやるべき処理というものがありますので、詳しくご説明します。

大見出し1、決算でやるべき重要なこと4選

それでは、決算の処理でやるべきことの中で特に重要な4つの作業をご説明します。

小見出し1、棚卸をする

棚卸という言葉をよく耳にするかと思いますが、これは売り上げに対する原価を正しく計算することを目的とした作業です。費用になる仕入れというのは「使用した金額」になりますので、買ったまま使っていない商品があれば、それらを見つけ出さなければなりません。これが棚卸作業です。

小見出し2、減価償却資産

固定資産を長期間に渡って使用するとき、その年数に応じて費用計上をすることを減価償却資産の処理です。どのような資産がここに当てはまるものなのかという部分は、自己判断をすると間違ってしまう可能性があるので注意しましょう。

小見出し3、経過勘定

未払いの費用、前払いの費用、貸倒引当金といった費用の計上をする処理のことです。経過勘定ではお金が実際に動くわけではないので、会計処理で計上ができていないというケースもありますので、注意すべきポイントです。

小見出し4、勘定科目内訳書を作る

まずは、決算前の残高試算表に決算仕訳の数字を反映させた「精算表」を作成します。ここで、勘定科目が合っているかどうかをチェックして、内訳書の作成に入ります。。

大見出し2、決算はとても重要!節税のタイミングにもなる

決算はとても忙しいものではありますが、しっかりと処理をすることで節税にもつながります。

小見出し1、決算後に節税できるものを把握できる

決算の処理を進めると、節税できそうな少額減価償却資産や在庫単価における計算などに気づくこともあります。経理としては忙しい時期ですが、決算を乗り切れば会社の節税にもかなり有効な情報を手に入れることができます。

まとめ

決算の処理は難しい、大変というイメージがありますが、やるべきことは決まっています。そして決算のときには、これまでの会計帳簿の正確さが重要なポイントになりますので、日々の業務の中で会計帳簿を怠らないようにしましょう。そして決算をしっかりと処理して、会社全体に良い影響が出るような方針を考えていきましょう。