経理は外注する方法もある・導入する前にメリットデメリットを理解しよう

中小企業を中心に、経理業務が滞っている、経理のために本業に支障が生じているというところもあるでしょう。もし自力で経理業務を賄っていくのが厳しければ、外注するのも一つの方法です。ここでは経理を外注する際に考えられるメリットとデメリット、両面についてまとめました。両方を理解したうえで導入するかどうか検討しましょう。

外注すればコストカットが期待できる

外注によるメリットの中でも大きいのは、人件費の削減です。もし経理の担当者を雇うとなると、求人費や育成費、福利厚生関係の費用など給料以外にもいろいろなコストが発生します。1名雇うにあたって、給料の1.5~2倍程度はねん出しなければならないといわれています。これを外注してしまえば、大幅な人件費の圧縮ができるわけです。また外注すれば、自社のパソコンに会計ソフトを導入する必要もなくなります。ソフトの購入費用も節約できるわけです。

本業に専念できる

中小企業や起業したての頃、個人事業主の場合、経理は経営者が兼務しているケースも多いでしょう。またほかの部署と兼任しているかもしれません。もし経理を外注すれば、経理の仕事から解放される、本業に専念でき作業効率性が上がるのもメリットといえます。経理は請求書や領収書の作成や管理、記帳に伝票作成とけっこういろいろなことをこなさないといけません。これらの業務から解放されれば、担当者の負担やストレスもだいぶ軽減されるはずです。

外注する際の注意点

経理を外注するメリットは確かにあります。しかし一方でデメリットや注意すべきポイントもありますので、この部分も頭に入れておきましょう。まずは初期作業が結構ある点です。業者にお願いする際には自分たちのやり方を理解してもらわないといけません。打ち合わせを何度も繰り返す、マニュアルを作成する必要が出てくるでしょう。記帳などの単純な作業であれば、相手はプロですから簡単な説明で済むでしょう。しかし経理全般を任せるとなると、引継ぎには数か月単位で時間をかけないといけないと考えておきましょう。

情報漏洩の可能性

経理は会社のお金の流れなどの重要な情報が含まれます。外注する場合、この重要な情報が漏洩する可能性があることも想定しておかないといけません。書類を先方に送付する際に何らかの手違いで紛失してしまう、アウトソーシング会社のミスで情報が洩れるといったことも可能性的にゼロではありません。またクラウドで情報共有する場合も注意が必要です。ログイン情報が洩れると、第三者が経理の情報にアクセスできてしまうからです。

まとめ

経理を外注することで、煩雑な作業から解放されます。経理の担当者をつけていない場合、本業に専念できます。またこれから雇うのと比較すれば、外注の方がコストカットできる可能性が高いです。ただし情報漏洩のリスクがあることは頭に入れておきましょう。代行業者がどのようなセキュリティ対策をしているか確認して、信頼できるところに依頼することが大事です。