会計帳簿は税理士に任せる?自分でやる?どっちがいいのか解説

会社を立ち上げたときに、会計帳簿をつける必要性があることは把握していても、実際に自分で帳簿をつけるべきなのか、それとも税理士など専門的な知識を持つ人に任せるべきなのか、その2択で悩んでしまう人は多いでしょう。そこで今回は、会計帳簿を自分でやる場合と税理士に任せる場合についてご説明します。

大見出し1、自分で会計帳簿をつける場合 

会社を立ち上げて間もない人、フリーランスの人などは、会計帳簿を自分でつける場合が多いです。では、実際に自分で会計帳簿をつけると、どうなるのでしょうか。

小見出し1、経営の力があっても帳簿の知識がない

会社を立ち上げて間もない人などは、経営する力や経営の知識などを身に着けているのですが、肝心の帳簿に関する知識というものが、伴っていないケースがあります。会計、税金、簿記などに対してしっかりとした知識がないまま、経営をスタートさせてしまい、自分で帳簿をつけ始めるようになると、どうなるか?

想像すれば分かりますが、帳簿は正確に記入されることはなく、ミスや分からないことが出てくるようになります。こうなると、会社の取引やお金に関して正しく把握することができなくなります。そうなれば、会社の経営にも支障が出てくるようになります。

ただ、中には帳簿に関する知識が豊富で、自分で会計帳簿をつけることができるという人もいます。専門的な知識を持っているのであれば、もちろん自分でやるのは問題ありません。

大見出し2、税理士に会計帳簿を任せる場合

それでは、税理士に会計帳簿を任せると、どうなるのかをご説明します。

小見出し1、会計帳簿のプロだからミスがない

税理士というのは、会計帳簿を作成するプロになりますので、自分でやるよりも遥かに完璧な帳簿を作成してもらうことができます。

小見出し2、節税にもなる

顧問税理士に会計帳簿を任せれば、会社の取引や状況を税理士が把握することができますので、節税や経営に関する有益な情報などを教えてくれます。どうしたら、経営がうまく進むかなど、帳簿をつけているからこそ分かるアドバイスをくれます。

まとめ

会社では、会計帳簿をつけるのが義務となっています。ただ専門的な知識がないのであれば、自分で帳簿を付けるのはとても大変なことです。もし不安があれば、税理士など専門家に任せてしまうのが有効です。ただ、自分に専門的な知識があり、帳簿をつける自信がある場合には、自分でやってもいいでしょう。