会計処理をする際の基本的な注意事項を徹底解説!

会計処理をする際に、気を付けなければならないことがあります。正しい会計処理ができていれば、何も問題はないのですが、間違った会計処理をすると大変なことになってしまうのです。そこで今回は、会計処理の基本的な注意事項について徹底解説していきます。

大見出し1、不適切会計処理になっていないか?

会計処理には、「不適切会計処理」という言葉があります。もし不適切会計処理をしてしまうと、会社が大変なことになってしまいます。では、具体的な意味や対処法をご説明しましょう。

小見出し1、不適切会計処理とは?

意図的であっても、そうではなくても「財務諸表」に虚偽の申告をした場合のことを「不適切会計処理」といいます。ただのミスであっても、虚偽であれば不適切会計処理に当てはまってしまいます。また、もし意図的に虚偽の申告をしたのであれば、「不正会計」となります。

小見出し2、不適切会計処理が起こらないようにする方法

不適切会計処理は色々な原因があって引き起こされています。意図的に行う場合を除くと、ただのケアレスミスという部分が大半を占めます。

会計処理に関する知識が足りていない場合などは、ミスが起きやすくなっているので、不適切会計処理をしてしまう可能性があります。ですから、会計処理の知識がない人が会計をするのは危険だということを覚えておきましょう。

会社内の人材で対応ができないのであれば、税理士など会計を専門としている人に依頼をすればいいでしょう。

大見出し2、日々の会計処理で注意すべきポイント

それでは、日々の会計処理の中で注意すべきポイントをご説明しますので、実践できるように意識してみましょう。

小見出し1、請求書などをしっかり整理する

請求書や領収書などが散らかっていると、それだけで正しくデータを入力することができなくなります。会社を立ち上げたばかりであれば、1か月に1回程度で構わないので、書類を整理しておくことを意識しましょう。

小見出し2、会計ソフトを使うなら無駄な設定はしない

もし会計ソフトを使って会計処理をするのであれば、無駄な設定をしないでシンプルに使うことをおススメします。複雑な部門などの設定は、あまり入れないようにすると余計な時間を省くことができます。

まとめ

会計処理は知識がない人に任せると、不適切会計処理になってしまう可能性もあります。また、知識がある人であっても、効率的に会計処理ができるように注意すべきポイントがありますので、参考にしながら会計処理を進めてみましょう!