会社で行う会計処理「帳簿の基本」を徹底解説!

会社を立ち上げたときに、会計処理についてもしっかりと知識がなければいけません。会計処理の中には「帳簿」というものがあり、実は株式会社では「会計帳簿」を作成・保存することが法律で定められています。それでは、帳簿の基本的な情報について分かりやすくご説明します。

大見出し1、帳簿とはどんな書類のこと?

帳簿という言葉はよく聞くと思いますが、実際に帳簿にはどんな書類が含まれているのか、詳しくご説明します。ちなみに、会計帳簿は義務になっていますので、もし作成をしなければ100万円以下の罰金になる可能性もありますので注意しましょう。

小見出し1、会計帳簿

会計帳簿というのは、会社であった取引に関する記帳をするものです。会社の資産、負債など経営状況をしっかりと知るためのものです。また、決算期がくると「賃借対照表」や「損益計算書」を作成するのですが、このときに会計帳簿が役立ちます。

小見出し2、主帳簿と補助簿

主帳簿というのは、会社であった取引に関して記帳しておくものです。「複式簿記」では絶対に作成する帳簿となりますので、主帳簿に関してはしっかりと覚えておくようにしましょう。

補助簿は会計帳簿の1種なのですが、法律で義務化されているわけではないので、作成しなくても問題はありません。ただ、会社の経営に関して正しく知るには、補助簿が必要不可欠となります。

大見出し2、帳簿の種類を細かく解説

それでは、会社の会計処理で必要な主帳簿と補助簿の中から、重要な帳簿について解説します。 

小見出し1、主帳簿の「仕訳帳」

仕訳帳は毎日の取引を、発生した順番に記録するものです。お金がどんな風に流用されているのかを、知ることができる帳簿で、「貸方」「借方」という部類に分けて金額を記録します。

小見出し2、補助簿の「仕入」「売上」帳簿

「仕入帳」では、商品の仕入れで起きた取引について、起きた順番に記録をします。細かく種類や数、金額などを管理することができます。「売上帳」はどのような商品、数、金額で販売したのかを記録します。この2つは仕入元帳の基となります。

まとめ

会計処理に関する帳簿というのは、少々面倒だと思うこともあります。ただ、会社を立ち上げたときには、必ず帳簿を付けるようにしましょう。特に会計帳簿は会社法で義務化されていますので、もし作成をしなければ、罰金や信頼のガタ落ちなど、大きな損失が出るので注意しましょう。